鉄山 作 香合 織部 拍子木(ひょうしぎ)

  • 茶道具 茶の湯 茶道 鉄山 織部 香合 香 練り香 紙釜敷 床の間 鑑賞の対象 拍子木 ひょうしぎ 古来からの行事 火の用心 警戒の鳴り物 織部釉 鉄釉 貫入 土もの 荒々しさ 
  • 茶道具 茶の湯 茶道 鉄山 織部 香合 香 練り香 紙釜敷 床の間 鑑賞の対象 拍子木 ひょうしぎ 古来からの行事 火の用心 警戒の鳴り物 織部釉 鉄釉 貫入 土もの 荒々しさ 
  • 茶道具 茶の湯 茶道 鉄山 織部 香合 香 練り香 紙釜敷 床の間 鑑賞の対象 拍子木 ひょうしぎ 古来からの行事 火の用心 警戒の鳴り物 織部釉 鉄釉 貫入 土もの 荒々しさ 
  • 茶道具 茶の湯 茶道 鉄山 織部 香合 香 練り香 紙釜敷 床の間 鑑賞の対象 拍子木 ひょうしぎ 古来からの行事 火の用心 警戒の鳴り物 織部釉 鉄釉 貫入 土もの 荒々しさ 
  • 茶道具 茶の湯 茶道 鉄山 織部 香合 香 練り香 紙釜敷 床の間 鑑賞の対象 拍子木 ひょうしぎ 古来からの行事 火の用心 警戒の鳴り物 織部釉 鉄釉 貫入 土もの 荒々しさ 
  • 茶道具 茶の湯 茶道 鉄山 織部 香合 香 練り香 紙釜敷 床の間 鑑賞の対象 拍子木 ひょうしぎ 古来からの行事 火の用心 警戒の鳴り物 織部釉 鉄釉 貫入 土もの 荒々しさ 
  • 茶道具 茶の湯 茶道 鉄山 織部 香合 香 練り香 紙釜敷 床の間 鑑賞の対象 拍子木 ひょうしぎ 古来からの行事 火の用心 警戒の鳴り物 織部釉 鉄釉 貫入 土もの 荒々しさ 

鉄山 作の織部の香合のご紹介です。

香合とは香を入れておく蓋付きの器で主に茶道などで使われます。

炭点前で使ったり、帛紗や紙釜敷の上にのせて床の間に飾ったりもします。

11月から4月までは、炉の時季で練り香を使うので、この香合のように

陶磁器製を使います。

鑑賞の対象になることが多く、とても多くの種類があります。

この香合の形は拍子木(ひょうしぎ)といって長細い直方体の木で出来た

一対になったもので打って音を出すものです。

古来からの行事に使われたり、相撲や踊り、祭りや演劇などにも使われてきました。

また、火の用心など夜の警戒の鳴り物としても使われています。

この香合は白土を捏ねて、拍子木が少しだけずらしてある状態を形作っています。

片方の拍子木の上面にだけ織部釉をかけ、その他の部分は鉄釉で線が描かれています。

蓋を取ると香合を入れる部分には、貫入が無数に入っています。

合わせ目は、ざらついた土の感じがあり土物の荒々しさが見られます。

拍子木を使う火の用心の寒い季節や、それを使う行事に因んだ場面で使えます。

 


5.7㎝ × 4.3㎝ × 高さ 2.5㎝


価格:

8,030円(税込)