野点籠セット(旅籠セット)織部・灰釉白掛け御本茶碗 名物裂

野点籠セット(旅籠セット)のご紹介です。

昔の茶人は旅先などにも、抹茶と抹茶碗を持ち出して

眺めのいい野外や、旅先の部屋などで、至福の一服を楽しみました。

それほど、「茶の湯」は身近なものであり、切っても切れないものでした。

「お茶」はその時々の状況や、一緒にいる仲間、風景や景色などで

そして、その土地特有の雰囲気などで、感じるものが変わります。

絶景を目の前にして、頂くお茶は格別なものがあるでしょう。

また、旅先で気の合う仲間と頂くお茶は、素晴らしいものになるはずです。

お湯さえあれば、何処にいても、いつでも、至福の一杯を感じる贅沢を

味わって頂けます。

この旅籠の抹茶碗は小ぶりに作られていて、

携帯するのに便利なようになっています。

抹茶碗も重ねられるように出来ていますし、茶入れもその中に入れられます。

茶筅も小ぶりに作られていて、茶杓は折りたたんで茶筅の中に

入るようになっています。

すべて、籠と茶筅筒の中に納まってしまいます。

携帯性だけではなく、織部の抹茶碗はろくろ挽きの手作り手描きが

なされていて、とてもいい風合いが出ています。

また、灰釉の白掛け茶碗は、織部と対照的で明るい雰囲気となっています。

茶碗の内側は御本といって、ほんのりと赤みを帯びた部分が見られます。

籠に使われている、裂地は名物裂で「鳳凰小花紋」という名前が

ついていて、西陣織の裂地が使われています。

この旅籠セットで、お客様のご旅行がより良いものになることを

願っております。


織部茶碗 口径9.3㎝  高さ 7㎝

灰釉茶碗 口径10.5㎝ 高さ 7㎝

旅籠   口径13.5㎝ 高さ 9.5㎝


価格:

32,400円(税込)